ニュース

「反社チェックセミナー」株式会社ジンテック様

3月22日(水)、株式会社ジンテック様にて、弊社代表水田が、「反社・反市の発見と排除に関する最新動向」と題してセミナーの講師を務めさせて頂きました。

real-reputation-research_a1

今回は、反社・反市に関する最新動向や、最近のトラブル、注意すべきポイントなどについて事例を交えて講演させて頂きました。

 

1. 暴力団排除条例とは
 ・反社とは?
 ・暴力団排除条例の概要(勧告に従わない違反者は「密接交際者」として公表)
 ・暴力団排除条例の具体例①(物販やサービスなど通常の商行為も、相手が暴力団(または関係者)であれば利益供与に抵触)
 ・暴力団排除条例の具体例②(名刺の印刷、内装工事の請負など)
 ・一般生活、業務上の注意(民間企業のルール設定、銀行の注意業種)

2. 反社・反市の最新動向
 ・2015年以降の暴力団情勢(暴力団構成員は減少しているが、資金源がなくなりヤメ暴としてあらたな資金獲得活動へ)
 ・暴力団情勢の変遷(組織の外側に「資金獲得スキーム」をいかに組成し稼ぐかに移行)
 ・反社、反市との接点(一度借りが出来ると過剰なサービスを要求されることも・・・)

3. 反社関与によるリスク
 ・取引停止リスク(口座開設や融資の拒否)
 ・実名公表・風評被害リスク
 ・処分・実名公表・市場退場リスク(上場廃止・倒産に追い込まれたケース)
 ・別団体からの接触リスク(「●●社のAさんは反社と付き合っているらしい」といった風評がネット上に広がり始めます)

4. 反社排除のための反社チェック手法
 ・情報ソースの種類(様々な角度から検証することが重要です)
 ・反社か否かの確認方法(Face to Faceが一番!)
 ・登記簿謄本、名刺などの確認方法(3Rが見る視点)
 ・公開情報確認、WEB情報収集(官報や新聞記事などから得られる情報があります)

 

各種調査だけでなく、セミナー・勉強会のご依頼も承っておりますので、ご興味のある方は、
ホームページのお問合せフォーム、もしくは以下宛先までお気軽にご連絡ください。

 

【調査・セミナーのご依頼/お問合せ先】
リアル・レピュテーション・リサーチ株式会社
TEL:03-5623-5137 FAX:03-5623-5138 Mail:info@3r-inc.co.jp
営業担当:日高(ヒダカ)・首藤(スドウ)